ホームログインカート
十三舎
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れすじ商品
ショッピングカート
カートを見る・レジに進む
ホーム 新刊 変態性慾小説集 [白カバー]【送料無料】
商品名:変態性慾小説集 [白カバー]【送料無料】
<凄惨な美が彩る淫靡なロマン 反自然の狂気>

〈変態性慾〉をテーマに蘭郁二郎、浜尾四郎、坂口安吾、小酒井不木の作品を収録したアンソロジー。

全頁スミベタ白抜き文字・A4判の大型本・そしてカバーには〈發賣頒布禁止處分〉の印を捺した、偏執にして倒錯の一冊。


蘭郁二郎「夢鬼」
浜尾四郎「マダムの殺人」
坂口安吾「ジロリの女」
小酒井不木「謎の咬傷」

の全4作品収録。

著者・蘭郁二郎 Ikujirou RAN

大正二年、東京に生まれる。本名は遠藤敏夫。
甲賀三郎の門下生が企画した探偵作家新人倶楽部に参加するも一年で脱退し、昭和十年に大慈宗一郎らと共に同人誌『探偵文学』を創刊。十二年には同誌を『シュピオ』と改題し海野十三、小栗虫太郎、木々高太郎と共同編集を務めた。
昭和十九年、海軍報道班員として南方へ向かう途中、飛行機事故により他界。

著者・浜尾四郎 Shirou HAMAO

明治二十九年、東京に生まれる。
大正十二年に東大法学部を卒業すると検事に。犯罪研究論文を『新青年』などに発表していたところ、小酒井不木の勧めにより探偵小説を書き始める。検事を辞した後には弁護士を開業。昭和八年、貴族院議員に当選したのを契機にその創作活動に終止符を打った。
十年には著作権審査委員を拝命するも、同年に脳溢血で他界。

著者・坂口安吾 Ango SAKAGUCHI

明治三十九年、新潟県に生まれる。本名は炳五。
昭和六年に同人誌『青い馬』に発表した「風博士」などで文壇の注目を浴びる。戦後には代表作「堕落論」「白痴」を発表。太宰治らとともに無頼派作家として時代の寵児となる。一方で子供の頃から愛読していた探偵小説にも取り組み、昭和二十三年には「不連続殺人事件」で第二回探偵作家クラブ賞を受賞、他にも短篇や捕物帳も手掛けた。
昭和三十年に脳溢血で他界。

著者・小酒井不木 Fuboku KOSAKAI

明治二十三年、愛知県に生まれる。本名は光次。
東大医学部を卒業後、大正九年に東北帝大医学部の教授に任命されるが病により退職。療養生活の傍ら、新聞に連載していた随筆「学者気質」が森下雨村の目に留まり『新青年』に犯罪随筆や海外作品の翻訳を発表するようになる。
大正十四年からは自身も創作活動に取り掛かったが、その四年後の昭和四年に肺炎で他界。

※今なら送料無料
※カバーは白ベースで「發賣頒布禁止處分」の印を捺してあります
※奥付には版元検印



■訂正とお詫び■
本書に下記の通り間違いがありましたので、お詫びして訂正させて頂きます。
誤 P.006タイトル 「夢魔」 → 正 「夢鬼」
販売価格: 1,700円(内税)
購入数:
特定商取引法に基づく表記 (返品など)支払い方法について配送方法・送料についてプライバシーポリシーお問い合わせ このページの先頭へ
Copyright© 2011-2017 十三舎